動画制作を依頼する前に知っておくべき内容とは

>

依頼前に必ず決めておくこと

動画制作を依頼する際の注意すべき点

動画を制作する側は、依頼者の要望にできる限り応えようとしてくれます。
しかし、あまり要望が多いと、それだけやるべきことが積み重なっていきますので、費用も比例して高くなります。
見積り時の金額よりも、進めていくうちに要望を出し過ぎて、結果、予算オーバーになるケースも多いようです。
そうならないよう、しっかりと予算を決め、要望にも優先順位をつけるなど、絶対外せないものをしっかりと製作者側に伝え、その範囲で最大限のものをお願いしましょう。
また、動画制作には何個も目的があると思いますが、その中でも1番の目的を伝えておくと、製作者側もイメージしやすくなるので、それを事前に伝え、共通イメージを持つことができれば、依頼者側も満足のいく動画ができあがってくるでしょう。

信頼関係も依頼先を決める重要なポイント

動画制作の敷居が下がり、大企業が個人クリエイターに依頼することも増え、個人クリエイターの活躍も目立ってきましたが、依頼先を決めるポイントとしてもう1つお伝えします。
動画制作を依頼する場合、コストや製作期間、規模、クオリティ、対応力など検討する材料はたくさんありますが、基本的に、依頼する側の目的やコンセプトを理解し、望むものを制作できるところにお願いします。
それが、低コストで対応が柔軟と言われている個人クリエイターの場合、そこを重視して依頼したにも関わらず、少し修正してほしいと思って連絡をしたが、繋がらない…なんてこともあります。
そのようなことにならないよう、ある程度信頼できるところを選択することも念頭に入れておきましょう。