動画制作を依頼する前に知っておくべき内容とは

>

目的に合わせ個人と業者双方に依頼もあり!

個人と業者どっちに依頼すべきか?

まずは、何を目的に動画を作成したいのか、どんな人に向けた動画なのかを考えましょう。
動画には、結婚式や会社セミナーなどのある程度内容が決まっているものから、商品やサービスを1から紹介、アピールするものなど、目的もターゲットも様々です。
また、その動画にかけられる費用、時間、人数も、ものによって異なることから、総合的に判断するのでもよいでしょう。
1から作り出すものや、高品質な動画を希望の場合は、動画に熟知したプロデューサーがいる動画制作会社がオススメです。
複数いるクリエイターの中から、依頼内容の知識や実績を持つクリエイターを人選し、限られた予算の中で最大限のマーケティング効果を引き出す動画を制作してくれます。
逆に、内容がほぼ決まっているものは、時間やコストを抑えられる個人への依頼が有効です。
個人と業者、どちらにもメリット・デメリットがありますので、そこの確認も必要です。

それぞれのメリットとデメリットを比較

個人と業者では、それぞれ売りにしている部分と弱い部分が異なります。
個人は、個人だからこそできること、業者は、業者ならではの強みがありますので比較してみましょう。
まず、個人クリエイターの最大の強みは、費用が安く抑えられることが多いところです。
特に、結婚式や会社のセミナーなどの、ある程度内容が決まっているものは、リーズナブルです。
また、急な変更などにも柔軟に対応してくれることも多いようです。
しかし、全て個人で行っているため、キャパシティに限界があることと、映像のクオリティを保つのが難しいことが弱点としてあげられます。
次に、制作会社の強みと言えば、クライアントの意図を汲み取り、要望通りの動画制作の進行を指揮するプロデューサーが、その企画に合ったクリエイターを人選するなど、マーケッター視点からの立案が可能なことです。
そのため、高品質で効果的な映像が作成可能な反面、高価になることが多いようです。