動画制作を依頼する前に知っておくべき内容とは

>

依頼する前に動画制作の基礎知識を知っておこう!

映像業界の現状と視聴者の需要とは

今まで制作側からも視聴側からも、動画はリッチコンテンツとして位置づけられていました。
しかし、一眼レフや携帯電話カメラの性能アップにより、高画質な映像が、手軽に撮影できるようになったことや、低価格な編集ソフトの発売、SNSの普及により誰でも動画投稿が可能になったことで、動画制作も視聴も、映像自体が身近なものとして捉えられるようになりました。
そのため、動画の需要も高まり、今では本や新聞などもインターネットやテレビのニュースに移行され、スーパーや電車内、自動販売機など様々なところで動画に触れるケースが増えてきました。
動画の需要を受け、個人・業者共に映像制作者も増え続けています。
個人クリエイターの増加の背景には、設備投資が低いことと、インターネット上のビジネスマッチングサイトを通して、面識や接点のない大企業と仕事をできるチャンスを得られることもあり、映像業界は激戦のようです。

何の動画を作るかで依頼先も変わる

動画制作の目的は、個人として記憶・記録に残して置きたいものから、企業としての商品、サービス紹介のためのPR広告や自社宣伝等コンセプトも様々です。
もちろん、作成する動画のクオリティが高い方がベストですが、そこには、製作費や製作期間等の問題も出てきます。
また、販売促進、ブランド構築などの場合は、しっかりと企業戦略を練る必要があり、使う媒体や目的によっても、高品質で高価なもの、低品質で安価なものなど映像コンテンツの内容も大きく変わります。
動画には、最初の数秒で多くが離脱する傾向があるため、最初の数秒こそ惹き込む内容が求められ、広告色や宣伝の印象が強くなり過ぎると視聴者には不快感を与えるので、ストーリー性のある動画にしたり、印象に残りやすい言葉やインパクトも重要です。
このように、何を目的に、動画をどのように活用していくかまでを含めて事前に考え、依頼先をどこにするか決める必要があるようです。