依頼する前に動画制作の基礎知識を知っておこう!

動画には、新聞や原稿などのテキストよりも、短い時間にたくさんの情報を詰め込むことができるのが最大の特徴であり、効果と言えます。 そのため、テキストよりも具体的であり、文字だけでは伝えにくいことも伝えやすくなります。 アメリカの研究では、動画はテキストより2倍、記憶に残ると立証されています。

目的に合わせ個人と業者双方に依頼もあり!

動画制作者は、個人・業者含め、現在急増しており、動画制作業界は、激戦となっています。 個人のクリエイターは、比較的安価で修正等を臨機応変に対応してくれるため、大企業が個人に依頼することも増えてきました。 双方どちらにも強みがあるため、案件によって双方に依頼してみるのも1つの方法です。

依頼前に必ず決めておくこと

インターネットやSNSの普及により、何かをアピールする際には、動画が身近で有効な手段の1つになりました。 動画制作を依頼する場合も、簡単で格安にできるものから、高品質で独自性のあるものまで様々です。 後から後悔しないために、依頼前には、予算計画と動画作成の目的を明確にしておきましょう。

おすすめリンク

魅力的な動画制作が可能

高品質な作品を希望であればここがおすすめ!魅力的に動画制作をしてくれると評判の会社です。

動画がもたらす効果とは!?

今まで、一般の人が目にする代表的な動画といえば、テレビのCMでしたが、現在は、YoutubeやFacebook、Instagram等のSNSで、誰でも簡単に動画が視聴できるなど、動画が、とても身近なものになってきました。
その背景には、一昔前までCMなどの動画は、膨大な費用と手間がかかるため、リッチコンテンツとされ、視聴者は別世界のもの、企業としてはなかなか手の出しづらいものという位置づけでした。
しかし、近年、パソコンや携帯電話のスペック向上と低価格の編集ソフトなどが出てきたことや、動画の投稿や視聴が一般的になってきたこともあり、動画制作自体の敷居は下がってきました。
そのため、以前にも増して、企業では自社PRや会社セミナー、そして商品、サービスの売上向上を目的にプロモーションビデオを作成したりと、動画を用いたマーケティングが目立ってきました。
また、個人としても、結婚式の動画制作を依頼することが増えてきています。
そこで、動画制作が身近になってきたと言えど、自分でできる範囲も限られ、特に結婚式など自分が主役の場合は、動画制作のできる個人クリエイターまたは企業に依頼する必要があります。
動画制作自体の敷居が下がり、依頼できるところが増えた現在、どのようにして依頼先を決めればよいのでしょうか?
まず、動画がもたらす効果を知り、動画を作成したい目的を明確にしてから検討しましょう。
動画制作には、誰をターゲットにしているのかも重要です。